世界のウエディングケーキ

NY発の新トレンドは「ネイキッド・ケーキ」

アメリカ

2015/06/30
  • 0
  • 0

2015年の海外ウェディングケーキのトレンドのひとつが「ネイキッド・ケーキ」。
「ネイキッド」とは、「裸」という意味です。つまり、その名の通り「裸のケーキ」なのです。

スポンジにクリームやフロスティングなどのデコレーションを施さず、スポンジに挟んだクリームやフルーツが見えてしまっている“ありのまま”のケーキのことなのです。

とはいっても、ただ中身が見えているだけではなく、素材感や質感が直に伝わってきますので、シャビーシック、ラスティック、ヴィンテージといった素朴でナチュラルなウエディングをお考えの方はぜひチェックしてみてくださいね。

この「ネイキッド・ケーキ」は、NYの「MOMOFUKU Milk Bar」さんが最初に考案されたケーキだとか。中身まで見せるケーキとは、斬新な発想ですね。さすがスイーツの発祥地NYのウェディングケーキです。

ドゥルセ・デ・レチェ・ケーキ

weddingcake003

weddingcake006

アップルパイ、バナナ、チョコレートのケーキ

weddingcake001

プレッチェル、アップルパイのケーキ

weddingcake002

 

チョコレートチップ・ケーキ

weddingcake004

weddingcake005

出典 : (c)MOMOFUKU Milk Bar http://milkbarstore.com

「ドゥルセ・デ・レチェ」(上の2つのケーキ)とは、日本語に直訳すると「甘いミルク」という意味だそうです。ラテンアメリカのお菓子で、ミルクを甘く煮詰めて作るキャラメル味のクリームみたいな感じでしょうか。ケーキやアイスクリームに合いそうですね。

クッキーや塩気のあるプレッチェルを砕いた粉末状のものや、チョコレート、フルーツがふんだんに使われていて、アイシングやフロスティングがなくても、十分おいしそうです。

  • 0
  • 0

COMMENT ケーキの感想について是非コメントください♪

コメント


RECOMMEND このケーキを見た人はコチラのケーキも見ています

RANKING 人気のウエディングケーキ

人気ランキングをもっと見る

世界からのウエディングケーキ 国ごとにウエディング
ケーキを表示します

結婚式スイーツ ゲストも喜ぶ
結婚式を彩るスイーツ

ウエディングケーキの知識