世界のウエディングケーキ

ウエディングケーキの由来

ウェディングケーキ豆知識

結婚式には欠かせないのがウェディングケーキ。

花嫁さんの憧れをカタチにしたものであり、新郎新婦だけではなく、ゲストの皆様の楽しみでもある大切なウエディングアイテムですよね。そんなウエディングケーキの由来を少しだけご紹介いたします。

ウエディングケーキの由来

いくつかの説があるようですが、古代ギリシア時代、繁栄を祈願して花嫁の頭上にビスケットをまいたことが起源とされているようです。

そして現在の“ウエディングケーキ”の形に最も近いのは、18世紀頃のイギリスのケーキだそうです。

ラム酒に数ヶ月間漬け込んで、熟成したフルーツをたっぷり入れて焼いたフルーツケーキを、マジパンなどで覆い、シュガーペーストでレースのような装飾を施したシュガーケーキ、これが現在のウェディングケーキの始まりとか。最初は1段だったようですが、19世紀頃になると2段や3段のケーキとなっていったようです

weddingcake
photo credit: (c)The Cake Parlour (https://www.thecakeparlour.com/)

また、西洋では「悪魔は甘いものが嫌い」という言い伝えがあり、ふたりの門出に悪魔が近寄れないように、との意味もあるそうですよ。

ちなみに、フランスではクロカンブッシュ、アメリカでは1段で長方形のケーキ、そして日本はイギリス式のケーキが主流でしたが、最近では生クリームのケーキが多いようです。

COMMENT ケーキの感想について是非コメントください♪

コメント


RECOMMEND このケーキを見た人はコチラのケーキも見ています

RANKING 人気のウエディングケーキ

人気ランキングをもっと見る

世界からのウエディングケーキ 国ごとにウエディング
ケーキを表示します

結婚式スイーツ ゲストも喜ぶ
結婚式を彩るスイーツ

ウエディングケーキの知識